勘定帳(読み)カンジョウチョウ

世界大百科事典 第2版の解説

かんじょうちょう【勘定帳】

金銀,米大豆などの収支決算を行う会計帳簿の一つ。江戸時代には年貢そのほかの決算帳簿を勘定帳と称した。幕府代官所,大名・遠国奉行預所ごとに毎年作成して勘定所に報告する勘定帳に,地方(じかた)勘定帳と御金蔵(おかねぐら)勘定帳の2種があり,また村請年貢を村内高持百姓に割り付け,その収支を計算する年貢勘定帳,商家の収支についての金銀勘定帳も勘定帳の一種である。地方勘定帳は年貢米金およびこれに付加する小物成・運上冥加・口米金その他の雑税の出納・皆済後決算する帳簿である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんじょうちょう【勘定帳】

金銭・米穀の出納を記載する帳簿。
江戸時代に商家で、正月または歳末に毎年作った財産目録。
江戸幕府の郡代・代官が金銭・米穀の出納を記載した公帳簿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報