コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋川驍 しぶかわ ぎょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋川驍 しぶかわ-ぎょう

1905-1993 昭和-平成時代の小説家,評論家。
明治38年3月1日生まれ。「日暦」「人民文庫」などに参加,昭和9年「竜源寺」,11年「樽切(たるきり)湖」を連載し,堅実な作風でみとめられる。戦後は文芸評論も手がけ,50年「宇野浩二論」で芸術選奨,58年長編小説「出港」で平林たい子文学賞。平成5年1月24日死去。87歳。福岡県出身。東京帝大卒。本名は山崎武雄。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渋川驍
しぶかわぎょう
(1905―1993)

小説家、評論家。福岡県生まれ。本名は山崎武雄。町田純一の筆名もある。東京帝国大学倫理学科卒業。在学中にマルキシズムの影響を受け、1933年(昭和8)には高見順らと同人誌『日暦』を創刊。ここに連載した『龍源寺(りゅうげんじ)』(1934)をはじめ、『柴笛(しばぶえ)』(1946)などじみで堅実な作風を貫き、時流に抗した。そうした姿勢は戦後の文芸批評にも現れ、『森鴎外(おうがい)』(1959)、『島崎藤村(とうそん)』(1961~62)、『宇野浩二論』(1974)など、実作者の眼(め)からの透徹した作家論がある。[宗像和重]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

渋川驍の関連キーワード荒木 巍

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android