コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋江松石 しぶえ しょうせき

1件 の用語解説(渋江松石の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋江松石 しぶえ-しょうせき

1743-1814 江戸時代中期-後期の神職,国学者。
寛保(かんぽう)3年生まれ。渋江晩香の祖父。渋江紫陽にまなび,その養子となり,郷里の肥後(熊本県)菊池郡の天地元水神社の神職をつぐ。私塾星聚堂をひらき,子弟を教育した。文化11年5月6日死去。72歳。名は公正。字(あざな)は子方。通称は宇内。著作に「菊池風土記」「儀礼凡例考纂」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

渋江松石の関連キーワードブルボン朝葛飾北斎亀井南冥亀井南冥ランカグア亀井南冥亀井南溟北欧美術森田勘弥奈破崙

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone