宇内(読み)ウダイ

大辞林 第三版の解説

うだい【宇内】

天下。世界。 「昨日までは-万国を戦慄せんりつせしめし、其獅威差シイザルも/自由太刀余波鋭鋒 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

う‐だい【宇内】

〘名〙 (「」は天空が地上を覆うの意) 天下。世界。あめがした。
※続日本紀‐養老五年(721)七月庚午「凡膺霊図。君臨宇内。仁及動植、恩蒙羽毛
※評判記・色道大鏡(1678)一四「寔(まこと)に寝殿を外にかまへたるうへつかたは、旦夕の患(うれへ)なきに似たり。其より次にしき、寝所をわかてるも、宇内(ウダイ)おほやうにて、中々なつかしきかたもありなん」 〔史記‐始皇本紀〕

う‐ない【宇内】

〘名〙 =うだい(宇内)〔漢語便覧(1871)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android