コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温度受容器 おんどじゅようきthermoreceptor

世界大百科事典 第2版の解説

おんどじゅようき【温度受容器 thermoreceptor】

温度刺激を受けとって,外界の温度に関する情報を伝える受容器の総称で,温受容器と冷受容器がある。脊椎動物では一般に皮膚上の感覚点として存在し,それぞれ温点および冷点と呼ばれる。温受容器は特定の温度範囲では,温度が急に変化すると各温度に順応した静的応答を示すほかに,温度の上昇に対しては一時的に応答が増加し温度の下降に対しては一時的に減少する。これに対して冷受容器は静的応答範囲が温受容器よりも一般に低い方にあり,温度の上昇に対しては一時的な応答の減少,温度の下降に対して一時的な応答の増加を示す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

温度受容器
おんどじゅようき
thermoreceptor

温度刺激の受容器で、温受容器と冷受容器がある。恒温動物においては、一般に皮膚内に分布する自由神経終末と考えられている。ヒトでは、冷受容器はクラウゼ小体Krause's end bulb、温受容器はルフィニ小体Ruffini's bodyとされ、冷受容器のほうが温受容器に比べて数が多く、より表面に近く分布する。両者は、それぞれ皮膚の冷点と温点に対応している。温覚の神経繊維からは常温で数ヘルツの定常放電が記録されるが、温度上昇により一時的に放電頻度が増加する。この反応は数秒間で順応し、より高い頻度の定常放電を維持するようになる。温度低下では、一時的に定常放電が抑制され、より低い頻度の定常放電が出現する。冷覚の繊維は逆の反応を示す。魚類の側線器には冷受容器としての機能がある。マムシ亜科の毒蛇には、ピット器官(孔器)pit organとよばれる赤外線を鋭敏に感ずる受容器があり、小哺乳類(ほにゅうるい)などを暗闇(くらやみ)でも探知することができる。[村上 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の温度受容器の言及

【体温】より


[調節機構]
 調節反応を発現させる入力となるのは温度刺激である。皮膚には,温度とその変化の方向を検出する2種類の温度受容器がある。加温刺激によって興奮が高まる温受容器と,冷却刺激によって促進される冷受容器である。…

※「温度受容器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

温度受容器の関連キーワードロレンチーニ器官定温動物

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android