コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

測風気球 ソクフウキキュウ

デジタル大辞泉の解説

そくふう‐ききゅう〔‐キキウ〕【測風気球】

大気上層の風向風速を観測するために飛ばす小形の気球

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

測風気球【そくふうききゅう】

高層風を測定するために飛ばす気象観測用の小型気球。パイボール(パイロットバルーンの略)とも。気球の重量(30〜60g程度)とそれに与える浮力充填(じゅうてん)する水素ガス量による)の大きさで決まる上昇速度(毎分150〜200m程度)により上昇するものと仮定し,風に流される距離を経緯儀で観測する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

そくふうききゅう【測風気球】

上空の風向・風速観測用のゴム気球。水素ガスまたはヘリウム-ガスを詰めて飛ばし、測風経緯儀によって追跡する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

測風気球
そくふうききゅう

上空の風向、風速を測定するための気球。ゴム気球に水素あるいはヘリウムを詰めた気球を放つと、風に流されるとともに、与えられた浮力に応じてほぼ一定の速さで上昇する。気球の方位角と高度角を、測風経緯儀を用いて30秒あるいは1分間隔で測定し、気球の動きを図上に描き、上空の風向、風速を求める。比較的簡便な上層気流測定方法であるが、低い雲があったりすると利用できない。現在、同じ目的で使われているものに「トリモノスタティック・ドップラー音波レーダー」「モノスタティック・ドップラー音波レーダー」などがある。動作原理は両者とも、3方向に1.6キロヘルツ(kHz)、900ワット(W)の音波を発射して音波の後方散乱波を受信し、音波のドップラーシフト(ドップラー効果によって生じた周波数のずれ)から上空の風向、風速を求めるもので、広く用いられている。[篠原武次・渡邉清光]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の測風気球の言及

【気球観測】より

…最も広く行われるのは上層風の観測など,気象観測の分野である。この気球はパイボール(pilot balloonの略)あるいは測風気球と呼ばれる。観測にあたっては,通常,小型の気球(たとえば60g)に水素を充てんし,所定の上昇速度が得られるように浮力を与える。…

※「測風気球」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

測風気球の関連キーワードパイロット気球観測大石 和三郎高層気象観測レーウィン高層風

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android