コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高層風 こうそうふうupper wind; upper current

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高層風
こうそうふう
upper wind; upper current

地表摩擦や地表の熱的影響を受けない上層の風。中・高緯度の高層風は,気圧傾度コリオリの力が平衡して,ほぼ等圧線に平行な西風である地衡風となっている。対流圏では上層になるに従い温度傾度が大きくなることから,上層ほど強い風となっており,その最も強いところをジェット気流という。成層圏中間圏の風は,高度 60km,緯度 30°付近では夏には東風,冬には西風が卓越している。また,赤道上空の成層圏下部では,約 26ヵ月周期の東風と西風の変動があり,これを成層圏下層の準2年周期振動と呼んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高層風
こうそうふう

地上から遠く離れた上空の風。上層風ともいう。地面付近の風は、地表面の摩擦などの影響で乱れが大きく、一般に等圧線を横切って高気圧から低気圧に向かって吹く。一方、地表から高さ約1キロメートルより上の高層風は、地表面の影響をあまり受けないので乱れが少なく、等圧線(または等圧面の等高線)にほぼ並行して吹く。温帯、寒帯の対流圏の高層風は偏西風に、熱帯の対流圏では偏東風となることが多く、ともにある高度、ある緯度でもっとも強くなって、ジェット気流を形成する。高層風の観測は上空の風に流される気球の位置を無線方向探知機や全地球測位システム(GPS)で追跡したり、GPS周波数のドップラー効果による偏移を算出することで行われる。また、ウィンドプロファイラやドップラーレーダーなどのリモート・センシングによる観測方法もある。[倉嶋 厚・青木 孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

高層風の関連キーワードレーウィン測風気球航空気象気球観測コリオリ定点観測

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android