コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渾然/混然 コンゼン

デジタル大辞泉の解説

こん‐ぜん【×渾然/混然】

[ト・タル][文][形動タリ]
すべてがとけ合って区別がないさま。「映像と音楽が―一体となってかもし出す雰囲気」
性質が円満で欠点のないさま。
「ようやく―たるものを生み出すべく」〈中島敦李陵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

渾然/混然の関連キーワード今・困・坤・墾・婚・建・恨・懇・昆・昏・根・梱・混・渾・痕・紺・褌・金・魂レオン(Fray Luis de León)サンタナ(Carlos Santana)ディエゴ(Gerardo Diego)ザンクト・ヨハン・ネポムク聖堂オセロ(シェークスピアの悲劇)混合スパイスその1スジャラ・ムラユイブン・アラビーイーゴリ遠征物語アナクサゴラス井上流(京舞)ある女の遠景春色梅児誉美ヒンドゥー教真夏の夜の夢葛西 善蔵デ・シーカ江戸甘味噌ぼく東綺譚

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android