コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩井雨江 シオイウコウ

4件 の用語解説(塩井雨江の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しおい‐うこう〔しほゐウカウ〕【塩井雨江】

[1869~1913]詩人・国文学者。兵庫の生まれ。本名、正男。落合直文浅香社に参加、七五調の詩を発表。著「暗香疎影」「新古今和歌集詳解」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塩井雨江 しおい-うこう

1869-1913 明治時代の詩人,国文学者。
明治2年1月3日生まれ。27年スコットの長詩「湖上の美人」を訳出。また「帝国文学」に「深山(みやま)の美人」「磯の笛竹」を発表し,擬古派の詩人として注目された。日本女子大,奈良女高師教授。大正2年2月1日死去。45歳。但馬(たじま)(兵庫県)出身。帝国大学卒。本名は正男。別号に釣士(ちょうし)。著作に「新古今和歌集詳解」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

しおいうこう【塩井雨江】

1869~1913) 詩人・国文学者。兵庫県生まれ。日本女子大・奈良女子高等師範教授。赤門派の擬古詩人。著「暗香疎影」「新古今集詳解」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩井雨江
しおいうこう
(1869―1913)

詩人、国文学者。兵庫県生まれ。本名正男。帝国大学文科大学国文科卒業。1893年(明治26)あさ香社に加わり、スコットの長詩『湖上の美人』(1894)を訳出したり、『帝国文学』に七五調の長詩『深山(みやま)の美人』(1895)を発表するなど詩人として名を高め、新体詩の普及に貢献。一方、国文学者としても活躍、日本女子大学、奈良女子高等師範学校(現奈良女子大学)の教授を務めた。著書に美文韻文集『花紅葉』(1896。大町桂月(けいげつ)・武島羽衣(はごろも)と共著)、『新古今和歌集詳解』(1897~1907)など。[畑 実]
『『明治文学全集41 塩井雨江他集』(1971・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の塩井雨江の言及

【美文】より

…散文の変革の過程で,文語文の遅れを逆手にとって磨き上げたと言うべきものだが,その文学的感度は,一時的な盛行を見せた文語定型詩のレベルにほぼ等しい。雑誌《帝国文学》に拠ったいわゆる赤門派(大学派)を代表する大町桂月,武島羽衣,塩井雨江の合著《美文韻文花紅葉(はなもみじ)》(1896)や桂月の《美文韻文黄菊白菊》(1898)などに,定型の新体詩と並立することで生命力を保っている姿が見られるが,文語詩の変革や口語による詩または散文詩の登場によって歴史的意義を失った。【野山 嘉正】。…

※「塩井雨江」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

塩井雨江の関連キーワード大和田建樹国文新詩杜詩大塚甲山甲斐九郎蒲池歓一田口柳所松浦栄山本露葉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone