コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湛若水 たんじゃくすい Zhan Ruo-shui

3件 の用語解説(湛若水の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湛若水
たんじゃくすい
Zhan Ruo-shui

[生]成化2(1466)
[没]嘉靖39(1560)
中国,明の儒学者。字は元明。号は甘泉。陳献章 (白沙) に師事したが,その静偏的傾向を払拭して,「随処体認天理」説を掲げ,王陽明の「致良知」説と相対した。しかし,門人たちは両者に学んだ者も多く,互いに両者の学問の究極は同帰であると信じていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たんじゃくすい【湛若水 Zhàn Ruò shuǐ】

1468‐1560
中国,明代中期の思想家。字は元明,号は甘泉。広東省増城の人。陳献章の門人。王陽明の講友。朱子学を離れて心学を開拓し,在世当時は王陽明と天下を二分するほど影響力をもった。彼の主張した随処体認天理説は良知心学ほどに既成の教学に対する破壊力をもたず,哲学的にも良知心学ほど新運を発明しなかった。しかしその学統は継承され,明末思想界に大きな影響を与えた。日本への顕著な影響はなかった。【吉田 公平】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湛若水
たんじゃくすい
(1466―1560)

中国、明(みん)代中期の思想家。字(あざな)は元明、号は甘泉(かんせん)。広東(カントン)省増城県の人。陳白沙(ちんはくさ)(献章)の門人。のちに王陽明(守仁(しゅじん))と邂逅(かいこう)して終生の友情を温め、ともに朱子学を離れて心学路線を歩んだ。湛若水の在世当時は、影響力は大きく、王陽明と天下を二分したと評価された。しかし、彼の「随処体認天理」の実践哲学は、王陽明の良知心学ほどには、既成の価値観に対する破壊力をもたなかったため、新運を大きく開くことはできなかった。加えて、その門流に傑物を輩出しながらも、思想内容としては、良知心学の背理可能性を危惧(きぐ)するあまり、心学に踏みとどまりながらも、朱子学に極度に接近し、学派としての独自性を失っていった。主著に『心性図説』『遵道録』がある。田公平]
『岡田武彦著『王陽明と明末の儒学』(1970・明徳出版社) ▽荒木見悟著『明代思想研究』(1972・創文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湛若水の関連キーワード王艮王守仁王廷相韓非薛瑄銭徳洪陳献章羅欽順羅洪先思想家

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone