コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陳献章 ちんけんしょうChen Xian-zhang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陳献章
ちんけんしょう
Chen Xian-zhang

[生]宣徳3(1428).広東,白沙
[没]弘治13(1500)
中国,明の学者。広東省新会の人。字は公甫。号は石斎。出生地にちなんで白沙先生と称された。初め朱子学者の呉康斎 (与弼) に師事したが,もっぱら静坐澄心によって天理を体認しようとする修養法を提唱した。その立場は,やがて王陽明の心即理 (良知) 説に受継がれたといわれる。詩作にも才能を示し,北宋の程明道,邵康節の詩風にならった平明な表現,温和な心情を好んだ。著書に,後人の編集になる『白沙子全集』 (6巻) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちんけんしょう【陳献章 Chén Xiàn zhāng】

1428‐1500
中国,明代前期の思想家。字は公甫,号は石斎,白沙子,石翁など。陳白沙と称せられることが多い。広東新会の人。のちに江門に居住した。呉与弼(ごよひつ)の門に朱子学を学んだが,その理の哲学のあまりの厳しさゆえに離脱して,理の拘束から自由な〈自然〉性に人間の本来性を求めて明代新思潮の先駆者となった。晩年に湛甘泉などの秀れた門人を得たが,陳献章の思想を発展させたのはむしろ王陽明とその門流であった。著書に《白沙子全集》がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陳献章
ちんけんしょう
(1428―1500)

中国、明(みん)代中期の思想家。字(あざな)は公甫(こうほ)、号は石斎、白沙(はくさ)先生とも称される。追諡(ついし)は文恭。広東(カントン)省新会県白沙里の人。正統年間郷試に合格したが、以後は及第していない。27歳で朱子学者呉与弼(ごよひつ)(康斎)に学んだが、半年で去り読書生活に入った。しばしば推挙され翰林(かんりん)院検討の官を授けられたが故郷に帰り、以後任官することはなかった。陳献章の学は静を根本に据え、静坐(せいざ)によって心を明澄にする修養を説いた。静中に端倪(たんげい)(いとぐち)を得、そこから天地宇宙に充満する理を体得し、この理こそわが心にほかならないと確信するに至る。ここを体得すれば、「天地は我によって立ち、すべての現象は我から生まれ、宇宙は我にある」と説く。このように外的に規範を追求するのではなく、人間の心が本来具有している能力を信頼し、心のあり方に人間の主体性の確立を求める学問を心学とよぶが、王陽明(守仁(しゅじん))とともに心学の先駆をなした。著に『白沙子全集』がある。[杉山寛行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

陳献章の関連キーワード心学(中国思想)明儒学案湛若水胡居仁心学

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android