コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯来温泉 ゆきおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯来温泉
ゆきおんせん

広島県南西部,広島市佐伯区にある温泉。大同年間 (806~810) に発見されたと伝えられる古湯で,打尾谷川に沿って温泉街を形成。泉質放射能泉泉温は 28℃。神経痛リウマチなどにきくといわれる。国民保養温泉地に指定。付近に石ヶ谷峡,湯ノ山温泉がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯来温泉
ゆきおんせん

広島県西部、広島市の西北部にある温泉。打尾谷(うつおだに)川沿いにあり、国民保養温泉地、および国民保健温泉地に指定されている。発見は大同(だいどう)年間(806~810)ごろともいわれ、江戸時代には湯治場として知られた。ラジウムを多量に含む(放射能泉)ことで有名。JR山陽本線五日市駅からバスの便がある。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

湯来温泉の関連キーワード広島県広島市佐伯区広島県広島市湯来〈町〉湯来[町]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android