コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯来 ゆき

2件 の用語解説(湯来の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯来
ゆき

広島県南西部,広島市西部の旧町域。太田川支流の水内川 (みのちがわ) 流域にある。 1956年砂谷村,水内村,上水内村の3村が合体して町制。 2005年広島市佐伯区に編入。山林が広く,林業と米作を主とし,養鶏,酪農も行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯来
ゆき

広島県西部、佐伯(さえき)郡にあった旧町名(湯来町(ちょう))。現在は広島市の一地区。旧湯来町は1956年(昭和31)上水内(かみみのち)、水内、砂谷(さごたに)の3村が合併して成立。湯来の名は湯来温泉にちなむ。2005年(平成17)広島市佐伯(さえき)区に編入。国道433号、488号が通じる。旧町域は中国山地の一部で、山林が多く、林業が盛んである。ほかに米作、コンニャク・野菜栽培などがあり、砂谷では酪農も行われている。水内神楽(かぐら)は県指定無形文化財。湯来温泉のほか湯の山温泉がある。石ヶ峡は、水内川の支流にある峡谷で、県の名勝と自然環境保全地域になっている。[北川建次]
『『湯来町誌』全4巻(1986~1997・湯来町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湯来の関連情報