コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯瀬[温泉] ゆぜ

百科事典マイペディアの解説

湯瀬[温泉]【ゆぜ】

秋田県鹿角(かづの)市,米代(よねしろ)川上流に沿ってわく温泉。単純硫化水素泉,単純硫黄泉。56〜64℃。旅館の設備は東北有数。湯量が多く,温泉華を原料とするセッケン,洗い粉も生産。十和田湖,八幡平観光の基地。花輪線湯瀬温泉駅に近い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆぜ【湯瀬[温泉]】

秋田県北東部,鹿角(かづの)市にある米代川上流の温泉。十和田八幡平国立公園探勝の足だまりで,花輪線湯瀬駅に近い。温泉から下流約4kmの湯瀬渓谷は,緑色凝灰岩からなる剣ヶ岩,地蔵岩,傘(からかさ)松,天狗橋などの奇岩奇勝に富む。五ノ宮岳(1115m)南麓に湧出した温泉で,上ノ湯,中ノ湯,下ノ湯,鹿ノ湯,川原ノ湯などがあり,地名は川の瀬に湯が湧いたことに由来するという。泉質は単純硫化水素泉,泉温56~64℃。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android