コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源兼昌 みなもとの かねまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源兼昌 みなもとの-かねまさ

?-? 平安時代後期の官吏,歌人。
宇多源氏,源俊輔の次男。従五位下,皇后宮大進。堀河院歌壇で活躍,大治(だいじ)3年(1128)の「住吉歌合」まで出詠がみられる。勅撰集には「金葉和歌集」以下に7首はいる。
【格言など】淡路島通ふ千鳥の鳴く声に幾夜寝覚めぬ須磨の関守(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源兼昌

生年:生没年不詳
平安時代歌人宇多源氏。俊輔の子。従五位下皇后宮大進。康和2(1100)年『宰相中将国信歌合』,永久4(1116)年『永久百首』などに出詠。百人一首の「淡路島かよふ千鳥の鳴く声にいく夜ねざめぬ須磨の関守」が代表作である。

(加藤睦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みなもとのかねまさ【源兼昌】

平安後期の歌人。生没年不詳。美濃守俊輔の次男で,皇后宮少進従五位下。のち出家しているが,詳しい伝記は不明である。1100年(康和2)〈国信卿歌合〉以後1128年(大治3)〈住吉歌合〉にいたる諸歌合や,〈堀河次郎百首和歌〉など,堀河院歌壇・忠通歌壇の作者として活躍した。〈淡路島通ふ千鳥の鳴く声に幾夜寝覚めぬ須磨の関守〉(《金葉集》《百人一首》)が有名。《金葉集》以下の勅撰集に7首入集。【上条 彰次】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みなもとのかねまさ【源兼昌】

平安後期の歌人。俊輔の子。従五位下皇后宮少進。堀河院歌壇・忠通家歌壇で活躍。「金葉和歌集」以下の勅撰集に七首入集。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

源兼昌の関連キーワード金葉和歌集千鳥の曲生年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android