コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源氏物語湖月抄 げんじものがたりこげつしょう

世界大百科事典 第2版の解説

げんじものがたりこげつしょう【源氏物語湖月抄】

注釈書。著者は北村季吟。60巻60冊。1673年(延宝1)成稿。季吟は箕形如庵(みのがたじよあん),松永貞徳らに師事したが,彼らの講釈のほか多くの古注を取捨しまとめて,頭注・傍注とし,付録の年立・系図などと合わせて至便であったため,整板本として版を重ね,明治・大正時代まで広く流布した。ただし本文は肖柏本系で,青表紙本としては不純なため現在ではあまり重んじられない。【今井 源衛】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

源氏物語湖月抄の関連キーワード猪熊夏樹

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android