準縄(読み)ジュンジョウ

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐じょう【準縄】

《「」は水盛り、「」はすみなわの意》おきて。てほん。規則。「規矩(きく)準縄
「渠等(かれら)が製作物を規矩する―は何ぞや」〈魯庵・「破垣」発売停止に就き当路者及江湖に告ぐ〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんじょう【準縄】

〔「準」は水平を定める水盛り、「縄」は直線を引く墨なわの意〕
基準となるもの。規則。手本。 「規矩きく-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅん‐じょう【準縄】

〘名〙
① 水平を定める水盛(みずもり)と、直線を引く墨縄(すみなわ)。〔史記‐夏本紀〕
② (転じて) おきてとなるもの。のり。規則。てほん。規矩(きく)。「規矩準縄」
※信長記(1622)一五下「何を以て世の準縄(ジュンゼウ)として、億兆の民を正し給はんや」
※それから(1909)〈夏目漱石〉一三「相互の言葉が、無意識のうちに彼等を駆って、準縄(ジュンジョウ)の埒(らつ)を踏み超えさせるのは」 〔旧唐書‐経籍志上〕
[補注]「色葉字類抄」には「准縄 スウンショウ ミツハカリ」とある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android