コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準/准 ジュン

デジタル大辞泉の解説

じゅん【準/准】

[接頭]名詞に付いて、それに次ぐものであること、それに近いもの、あるいはそれに近い取り扱いを受けることなどを表す。「―優勝」「―会員」

じゅん【準】[漢字項目]

[音]ジュン(慣) [訓]みずもり なぞらえる
学習漢字]5年
水平を計る道具。みずもり。「準縄(じゅんじょう)平準水準器
物事をはかるよりどころ。「基準規準照準標準
なぞらえる。のっとる。「準拠準則準備準法準用
正式に似た扱いをする。「準急準星
[名のり]とし・ならう・のり・ひとし
[難読]水準(みずばかり)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

変成岩の原岩との関係や産状との関係を示す接頭語として使われる.一般にはローゼンブッシュの使用法が使われており,パラは準片麻岩(paragneiss),準片岩(paraschist)などと堆積岩に由来したものに使用される[Rosenbusch : 1891].レヴィンソン─レッシングは固体状態で再結晶した変成岩に使用し[Loewinson-Lessing : 1905],一方ラクロアは火成岩の鉱物学的な変化を意味しており,化学的変化は重視していない.仮像(paramorphism)の一種としている[Lacroix : 1920, 1933].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

準/准の関連キーワードクーン‐トーマス‐ライヒェのf総和則ハーバート・E. プルチョウ無準師範(むじゅんしばん)Fermi Energie防火地域・準防火地域ミカエル ロドラランデの間隔規則分子スペクトル放出スペクトルサブオービタルエネルギー準位冥王星型天体フェルミ準位準強制性交罪光ポンピング付審判手続準安定状態自己準同形八の字軌道楽浪準平原

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android