コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漏斗雲 ロウトウン

デジタル大辞泉の解説

ろうと‐うん【漏斗雲】

積乱雲積雲などの底から垂れ下がるようにできる、漏斗(ろうと)状の雲。竜巻が発生するときに見られる。ろうとぐも。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

漏斗雲【ろうとぐも】

乱層雲の雲底から,ほぼ垂直に漏斗状に垂下した雲。漏斗雲の近くでは気流は激しく回転しており竜巻(たつまき)を伴うことが多い。夜間に発光し火柱のように見えることもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ろうとぐも【漏斗雲】

乱層雲の雲底から、漏斗状に垂れ下がった雲。地表に近づくと竜巻を起こす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漏斗雲
ろうとぐも

積乱雲の雲底から、漏斗(じょうご)形に垂れ下がる雲。積乱雲でもまれであるが、積雲でもっとまれに生じることがある。十種雲級では雲の補足形として扱われ、金管楽器の一種チューバtubaに似るところからチューバともいう。この雲は竜巻の発生を示している。雲の内部で竜巻が発生すると渦巻の中心部で気圧が低くなり、かつ、その部分で上昇気流が生じるので、雲底より低い高さに雲が発生する。竜巻の成長とともにしだいに下方に伸びて、地表面に達することもある。[木村龍治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の漏斗雲の言及

【雲】より

…これも,他の雲に付随する雲の一種である。 漏斗雲積乱雲などの雲底にときどき見られる雲で,柱状または漏斗状の形状をしている。これは雲中に発生した強い渦の軸と一致しており,地表に達するときこの渦は竜巻またはトルネードといわれている。…

※「漏斗雲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

漏斗雲の関連キーワード乱層雲副変種雲形地表エイ

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漏斗雲の関連情報