漸漸(読み)ゼンゼン

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐ぜん【漸漸】

[ト・タル][文][形動タリ]事が少しずつ進んでいくさま。
「砦柵(さいさく)を構て、―と城下に逼近(ひっきん)し」〈竜渓経国美談
[副]だんだんに。徐々に。
「―形勢を切迫させて来た」〈漱石・彼岸過迄〉
「判断が―に訓練せられ」〈西田・善の研究〉

やく‐やく【漸】

[副]《「ようやく」の古形》だんだん。しだいに。
「しましくも良けくはなしに―に形くづほり」〈・九〇四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんぜん【漸漸】

( トタル ) [文] 形動タリ 
次第に進んでいくさま。 「火焰は-と位置を変ずる/浮城物語 竜渓
( 副 )
次第次第に。だんだんに。順次に。 「強毅質直の気は-に衰減し/明六雑誌 3

やくやく【漸漸】

( 副 )
〔「ようやく」の古形〕
次第に。だんだん。 「沖つ梶-しぶを見まく欲り/万葉集 1205

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐ぜん【漸漸】

[1] 〘副〙 (「に」を伴って用いることもある) 順次に。段々と。徐々に。
※菅家文草(900頃)四・冬夜対月憶友人「山疑小雪微々積 水誤新氷々生」
※高野本平家(13C前)九「漸(ゼン)漸にかたきを滅して天下を治する事を得たりき」 〔楊允孚‐灤京雑詠詩〕
[2] 〘形動タリ〙
① 次第に進みいくさま。順をおってなされるさま。
※太平記(14C後)三七「団扇(だんせん)天に隠れて、夕陽の影の裏(うち)に漸々(ゼンゼン)として消え去りぬ」
② 岩石の高峻なるさま。〔詩経‐小雅・漸漸之石〕
③ 涙が流れるさま。〔劉向‐九歎憂苦〕

やく‐やく【漸漸】

〘副〙 (「ようやく(漸)」の古形) 次第に。おもむろに。そろそろ。だんだん。
万葉(8C後)五・九〇四「しましくも 良けくはなしに 漸々(やくやくに) かたちくづほり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android