潮州(読み)チョウシュウ

デジタル大辞泉の解説

ちょうしゅう〔テウシウ〕【潮州】

中国広東省東部の市。韓江水運の基地として発展。唐代に韓愈が流された所で、その祠(ほこら)がある。潮安。チャオチョウ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうしゅう【潮州】

中国、広東省東部の都市。古くは潮安といわれた。韓江デルタの北端に位置し、夏布・彫刻・竹細工などの工芸品を産する。チャオチョウ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潮州
ちょうしゅう / チャオチョウ

中国、広東(カントン)省東部の地級市。潮汕(ちょうさん)平原の中心に位置する。2市轄区、1県を管轄する(2016年時点)。人口268万8000(2014)。潮州出身の在外華僑(かきょう)は約230万人に及ぶ。南北朝時代から開け、隋(ずい)代から潮州とよばれたが、時代により潮安(ちょうあん)とよばれたことがある。周囲は米、サトウキビ、ジュート、ラッカセイ、柑橘(かんきつ)類などの生産が盛んな農村地帯で、農産物の集散地、さらに韓江(かんこう)水運の基地として発展した。汕頭(スワトウ)刺しゅうとよばれる刺しゅうはこの地の伝統工芸で、輸出港である汕頭の名を冠せられて世界に知られた。ほかに陶磁器やステンレス製品の生産、輸出も盛んである。また、潮州料理や潮州工夫(コンフー)茶も有名。近代工業では造船、機械、トラクター、電子、家電などがある。
 市内には開元寺、韓退之(かんたいし)(韓愈(かんゆ))の祠(ほこら)、東門、韓江に架かる湘子(しょうし)橋(広済橋)、西湖公園などの名勝・旧跡が多い。広州(こうしゅう)から恵州(けいしゅう)、潮州経由汕頭に至る広梅汕線が通じている。[青木千枝子・河野通博・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐しゅう テウシウ【潮州】

中国の隋代に現在の広東省東部の潮安県を中心に置かれた州名。唐代に韓愈が流された所。明・清代には潮州府となった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の潮州の言及

【潮安】より

…人口107万(1994)。県政府の所在地は潮州市。秦代は南海郡に属し,晋代に海陽県が置かれ義安郡治となった。…

※「潮州」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

潮州の関連情報