コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濃漿 コクショウ

デジタル大辞泉の解説

こく‐しょう〔‐シヤウ〕【濃×漿】

魚や野菜などを煮込んだ濃い味噌汁。鯉こくなど。

こんず〔こんづ〕【×漿】

《「こみず(濃水)」の音変化》
米を煮た汁。おもゆ。
粟やもち米などで醸造した酢。早酢(はやず)。
の異称。
「天の―ともいふべきほどの酒をいだし」〈黄・栄花夢
濃い汗。大粒の汗。
「―を流し手を砕き、半時ばかりぞ挑みしが」〈浄・源頼家源実朝鎌倉三代記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

こくしょう【濃漿】

肉や魚などをよく煮込んだ、濃いみそ汁。(こい)こくが有名。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

こくしょう【濃漿】

肉や魚を味噌で濃く煮つめた汁。鯉こくなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の濃漿の言及

【コイ(鯉)】より

…車下の鯉はほかの鯉と違って,いくら食べても煎酒が濁らなかったという。江戸後期にはふつうの刺身よりは洗いが賞美され,濃漿(こくしよう)ももてはやされた。洗いは洗い鯉と呼ばれ,江戸では向島の葛西太郎,大黒屋孫四郎などの料理茶屋が有名であった。…

【ナマズ(鯰)】より

…〈なまずの身すきとりたたき,じねんじよすり入,玉子の白味入れよせるなり〉という製法が《料理早指南三編》(1802)に見られる。この書はほかに蒲焼と濃漿(こくしよう)がよいとしており,これらはナマズなべとともに,現在でも行われている。濃漿は,コイこくに代表されるみそ汁の煮物である。…

【キジ(雉)】より

…なますは胸の肉を細切りにして用い,刺身は丸煮にしてむしり,サンショウみそ酢で供した。せんばは煎盤などと書くもので,煎酒(いりざけ),しょうゆなどでいり煮にしたもの,こくしょうは濃漿で,みそじたてで汁の多い煮物である。はふし酒(羽節酒)は羽の付け根のふしを焼いて酒に浸すもので,フグのひれ酒の類,つかみ酒は同様に腸を用い,みそを加えたものであった。…

※「濃漿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

濃漿の関連キーワード川魚料理こく沆瀣鯉濃

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android