コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鯉こく こいこく

百科事典マイペディアの解説

鯉こく【こいこく】

コイの濃漿(こくしょう)(みそ汁を濃く煮込んだもの)のこと。コイを筒切りにして長時間煮込んだ濃厚なみそ汁で,コイの代表的な料理の一つ。多く赤みそを使用,酒,みりんなどを加える。粉サンショウや溶きがらしを薬味として添える。
→関連項目コイ(鯉)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

鯉こく

長野県の郷土料理。輪切りにした鯉を入れて長時間煮込んだ濃厚な味噌汁。“鯉の濃醤(こくしょう)”(濃漿とも表記)からの略。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鯉こく
こいこく

コイをみそ汁で長時間煮込んだもので、鯉濃醤(こいこくしょう)の名もある。醤はひしおといい、みその古名である。生きているコイの頭を首の付け根(3枚目の鱗(うろこ)の端)から切り落とし、胆嚢(たんのう)をつぶさないように取り除く。つぶすと全体に苦味と特臭がついて、そのコイは使いものにならなくなる。鯉こくにするには、鱗のついたままのコイを2センチメートルぐらいの厚さの輪切りにし、頭は適当に切り、尾もいっしょに使う。夏季には鱗をはがし2、3枚残しておいて、できあがった鯉こくに1枚つけて出すこともある。鱗まで食べられるようにするには、濃いめのみそ汁で一昼夜ゆっくり煮込むのであるが、いまは前夜2時間くらい煮てから蓋(ふた)をして冷暗所に置き、翌日出す前に1時間ほど煮る方法をとることも多い。もっとスピーディーにつくる場合もある。みそ煮にするのでコイのくせがなくなり、小骨は口に当たらずに食べられる。吸い口にはさらしねぎがよく、椀(わん)に入れたら粉さんしょうをふり込む。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鯉こくの関連キーワードコイ(魚)七味唐辛子多田鉄之助川魚料理魚料理

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鯉こくの関連情報