コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬波[温泉] せなみ

2件 の用語解説(瀬波[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

瀬波[温泉]【せなみ】

新潟県村上市の日本海岸にある温泉。明治末期,石油井発掘中に湧出(ゆうしゅつ)。弱食塩泉など。93℃。周辺は松林で,佐渡,粟島が望まれ,海水浴に適する。羽越本線村上駅からバスが通じる。
→関連項目村上[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せなみ【瀬波[温泉]】

新潟県北部,村上市の日本海岸にある臨海温泉。羽越本線村上駅の西約2.7kmにある。1904年山居山の中腹で石油井を掘削中,突然噴湯したことに始まる。泉質は食塩泉,泉温70~100℃,11の泉源から豊富な湯が湧き出している。温泉街は山居山麓より赤松に囲まれた海岸砂丘にのび,佐渡,粟(あわ)島の眺望もよく,夏は海水浴が楽しめる。国道345号線沿い,南の岩船への途中に県民いこいの森,磐舟柵(いわふねのさく)が,北方には日本海の景勝笹川流(ささがわながれ)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

瀬波[温泉]の関連キーワード粟島越後平野笹川流れ平家谷村上市羽越本線村上加藤組