磐舟柵(読み)いわふねのき

百科事典マイペディアの解説

磐舟柵【いわふねのさく】

大化改新ころからの蝦夷(えみし)経営の基地。648年設置。木柵で囲まれ柵戸(さくこ)という一種の屯田兵的な民が守備。8世紀には基地北進のため停廃。所在地は新潟県村上市岩船付近ともみられるが未詳。→渟足柵
→関連項目村上[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いわふねのさく【磐舟柵】

〈いわふねのき〉ともよぶ。日本古代の城柵。7世紀半ばから9世紀前半にかけて現在の新潟県と東北地方に当たる地域には20近い柵,城が置かれるが,磐舟柵は,前年に造られた渟足(ぬたり)柵についで648年(大化4)に置かれた最古に属する柵である。このとき越(こし)と信濃の民を選び柵戸を置いて蝦夷に備えた〈磐舟柵〉とか698年(文武2)や翌々年に修理した〈石船柵〉といった記事が見られるので実際に存在したことは疑いのないところであるが,所在地はわからない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いわふねのさく【磐舟柵】

〔「いわふねのき」とも〕
古代、東北経営のためにおかれた城柵の一。648年、前年の渟足柵ぬたりのさくとともに越後方面の基地として設置。現在の新潟県村上市岩船の地に比定される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磐舟柵
いわふねのき

新潟県村上市地内にあった古代城柵(じょうさく)。前年設置の渟足柵(ぬたりのき)と呼応し、北越地方の開拓経営基地として、648年(大化4)に設置された。村上市岩船地区の旧岩船潟近くにあったと考えられる。三面(みおもて)川を境界として、その北部山地の蝦夷(えみし)、夷狄(いてき)に対する防衛基地としての役割も担っていたと認められ、北部が平穏化するまでこの柵の任務は重要で、698年(文武天皇2)と700年にも、「石船柵」の表記で修理の加えられた記録がある。近くに鎮座していたものと考えられる式内社の石船(いわふね)神社もある。1957年(昭和32)に該当遺跡と目される遺構が発掘調査された。[新野直吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android