笹川流(読み)ささがわながれ

百科事典マイペディアの解説

笹川流【ささがわながれ】

新潟県岩船山北(さんぼく)町(現・村上市)の海岸海府浦(かいふうら)の代表的景勝地(名勝天然記念物)。蒲萄(ぶどう)山地が海に迫る花コウ岩の急崖で,海食による小島,洞門,懸瀑(けんばく)が多い。羽越本線桑川駅から遊覧船がある。
→関連項目山北[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ささがわながれ【笹川流】

新潟県北部,岩船郡山北(さんポく)町にある日本海沿岸の景勝地で,名勝・天然記念物に指定されている。花コウ岩質の蒲萄(ぶどう)山地が日本海の海食を受けて数十mの大断崖や岩礁が続く海府(かいふ)浦のうち,羽越本線桑川駅南の鳥越(とりごえ)山から越後寒川(かんがわ)駅付近まで約11kmをいう。中心の笹川駅付近は眼鏡(めがね)岩,大島,雄獅子(おじし)・雌獅子,恵比寿岩などの奇岩が多く,アカマツの生える絶壁が続く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

事典・日本の観光資源の解説

笹川流

(新潟県岩船郡山北町)
日本百景」指定の観光名所。

出典 日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」事典・日本の観光資源について 情報