コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灘浦 なだうら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

灘浦
なだうら

能登半島の基部東岸,富山湾に面する海岸石川県七尾市観音崎から富山県氷見市阿尾までの約 30kmをいう。宝達丘陵が海岸に迫り,海食を受けて断崖をなす。暖地性植物,寒地性植物の限界地域にあるため植物相が豊かで,氷見市の虻ガ島には暖地性植物群落がみられる。秋~冬は富山湾を回遊するブリの定置網漁が行われ,氷見をはじめ漁港が多い。国道 160号線が海岸部を通る。能登半島国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

灘浦
なだうら

富山湾北西部の海域で、石川県七尾(ななお)市から富山県氷見(ひみ)市に至る沿岸部をいう。能登(のと)半島の丘陵性山地が海に迫り、入り江の漁村を除き岩石海岸となっている。暖流の影響が強く、積雪も少なく常緑広葉樹などの暖帯性植物がみられ、虻(あぶ)ヶ島はその代表である。古くから定置網漁業が行われ、富山県の阿尾(あお)、藪田(やぶた)、大境(おおざかい)、宇波(うなみ)、中波、石川県の東浜、庵(いおり)などの漁村がある。能登半島国定公園の一部である。[深井三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の灘浦の言及

【富山湾】より

…日本海のほぼ中央部,能登半島東側の仏(ほとけ)島と黒部川扇状地の突出部,生地鼻(いくじはな)で限られた海湾。沿岸部は,西部の灘浦と雨晴(あまばらし)の岬付近が岩石海岸であるほかは,平滑な曲線状の砂浜,砂礫海岸であり,夏は海水浴客でにぎわう。富山湾の海底地形は,富山平野を二分する呉羽(くれは)丘陵の延長上にある〈神通(じんづう)海脚〉の大突出によって西海区と東海区に分けられている。…

※「灘浦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

灘浦の関連キーワード大境洞窟住居跡絮柳館髪兒丸大家 百次郎大家百治郎氷見(市)能登半島富山県漁村内浦

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

灘浦の関連情報