コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火打山 ヒウチヤマ

百科事典マイペディアの解説

火打山【ひうちやま】

新潟県南西部にある山。標高2462m。新潟県の中での最高峰。妙高山,焼山を含めて頸城(くびき)三山と呼ばれる。山頂付近には高層湿原が広がり,高山植物が豊富。妙高戸隠連山国立公園に属し,日本百名山にも選ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕火打山(ひうちやま)


新潟県南西部、妙高(みょうこう)山の西方に位置する山。標高2462m。焼(やけ)山・雨飾(あまかざり)山などとともに頚城(くびき)アルプスを構成。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。なだらかな三角錐(さんかくすい)の稜線(りょうせん)が延び、南東腹の天狗(てんぐ)の庭・高谷(こうや)池周辺には高山植物が多い。ライチョウが生息する。上信越(じょうしんえつ)高原国立公園に含まれる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火打山
ひうちやま

新潟県南西部の妙高(みょうこう)火山群中の最高峰。標高2462メートル。山体は第三紀の深海層からなる角閃(かくせん)(ひんがん)が差別侵食を受けて、頂上部は三角錐(すい)をなしており、中頸城(なかくびき)と西頸城の郡境をなし、日本海、北アルプスなどの展望が優れている。焼山(やけやま)と並んで妙高戸隠連山国立公園中の名山として、夏季は登山客でにぎわう。登山口には妙高山麓(さんろく)の笹ヶ峰(ささがみね)牧場から高谷池(こうやいけ)ヒュッテに出る縦走路がある。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の火打山の言及

【焼山】より

…標高2400m。妙高山(2446m)や火打山(2462m)などからなる妙高火山群中唯一の活火山である。山体は,第三紀層の基盤を角セン石安山岩の溶岩や火山砕屑流(さいせつりゆう)堆積物などが覆う。…

※「火打山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火打山の関連情報