コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火災報知機 かさいほうちきfire alarm

翻訳|fire alarm

5件 の用語解説(火災報知機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火災報知機
かさいほうちき
fire alarm

火事の発生を消防署へ,押ボタン知らせる発信機で,建物内の要所などにある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かさい‐ほうちき〔クワサイ‐〕【火災報知機】

火災の発生を急報する押しボタン式の発信装置。消防機関へ直接通報できるものや、建物内でベルを鳴らして知らせるものがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

火災報知機【かさいほうちき】

火災の発生場所を消防署や守衛所などに通報する装置。発信機と受信盤とからなる。手動火災報知機と自動火災報知機の2種類があり,ボタンで信号を発信する手動式は市街地の公設用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かさいほうちき【火災報知機 fire alarm】

火災の発生およびその場所を消防署や守衛所などの所定の場所に通報する設備。火災の発生を自動的に建物関係者に知らせる自動火災報知設備と,火災の発生を一般市民が手動により消防機関へ知らせるため市町村が設けた公設火災報知設備がある。自動火災報知設備は,火災によって生ずる熱,または煙を感知器で自動的に感知し,電気的信号を受信機に伝達して火災の発生を防火対象物の関係者に報知するものである。感知器は天井の室内に面する部分などに取り付けられ,原理上,熱式,光電式およびイオン化式に分類される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かさいほうちき【火災報知機】

火災の発生とその場所を消防署などに知らせる装置。
「火災感知器」の通称。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火災報知機の関連情報