コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火焼き/火焚き ヒタキ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐たき【火焼き/火×焚き】

火をたくこと。
昔、夜間の照明や警護のために、かがり火や庭火などをたいたこと。また、その役目。
「御―の老人(おきな)」〈・中〉
火をたく所。いろり。〈和名抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

火焼き/火焚きの関連キーワードジンギスカン料理和蘭ばってん棒ビーフステーキ直焼き・直焼桃山(菓子)飛魚の野焼き蕎麦ほうる亀のこ煎餅ステーキオーブン御火焼き直火焼きピロシキきさらぎアサードしぎ焼き鍛冶屋けんぴそば板焼き物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android