コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤芽柏 アカメガシワ

デジタル大辞泉の解説

あかめ‐がしわ〔‐がしは〕【赤芽×柏】

トウダイグサ科の落葉高木。幹は生長が早く、葉は卵円形で、若芽は鮮紅色。雌雄異株で、夏、黄色の雄花赤褐色雌花を円錐状につける。本州以西に多い。昔、葉に食物をのせたので御菜葉(ごさいば)ともよばれる。あかがしわ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あかめがしわ【赤芽柏】

〔新芽が紅色なのでいう〕
トウダイグサ科の落葉高木。本州中部以西の山野に自生。高さ10メートルに達する。葉は卵円形で、浅く三裂し、夏、小形の黄花を円錐花序につける。材は軟らかく、箱・床柱・下駄などに用いる。昔、この葉に食物を載せたので御菜葉ごさいば・菜盛さいもり花の別名がある。樹皮は胃潰瘍に、葉ははれものに薬用とされる。アカガシワ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

赤芽柏 (アカメガシワ)

学名:Mallotus japonicus
植物。トウダイグサ科の落葉高木,園芸植物,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

赤芽柏の関連キーワード円錐花序

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android