コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭素繊維強化プラスチック たんそせんいきょうかプラスチックcarbon fiber reinforced plastics;CFRP

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炭素繊維強化プラスチック
たんそせんいきょうかプラスチック
carbon fiber reinforced plastics;CFRP

炭素繊維プラスチックを混ぜてつくった複合材料。繊維強化プラスチックの1種。高強度,高弾性率を持ち,軽いという特徴がある。炭素繊維は,アクリル樹脂ポリアクリロニトリル PANや石油・石炭からとれるピッチを繊維状にしたものを適当な条件で熱処理して炭素を結晶化してつくり,前者を PAN系炭素繊維,後者をピッチ系炭素繊維という。原子が規則正しく並んだ網目構造 (炭素の結晶であるグラファイト構造) を含み,さらにそれらが層状にからみ合っているため強靭な性質を持っているが,炭素繊維強化プラスチック CFRPはこれにエポキシ樹脂ナイロンポリカーボネートなどをしみこませてつくる。航空機やロケットの機体,自動車部品,ゴルフクラブや野球,スキー,テニス,バドミントンなどのスポーツ用具,釣竿,建築構造物などの広範な利用がある。ピッチ系炭素繊維は導電性があり,電磁波シールドなど電気関係部品にも使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

炭素繊維強化プラスチックの関連キーワードマルチマテリアル先端複合材料LC500人工衛星ソラト

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

炭素繊維強化プラスチックの関連情報