コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空機材料 こうくうきざいりょう aircraft construction material

2件 の用語解説(航空機材料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

航空機材料
こうくうきざいりょう
aircraft construction material

航空機の機体構造,ならびに原動機や補機,装備品などに使用される材料。航空機の構造は,大きい荷重に耐えられるとともに軽量でなくてはならない。また,比強度 (耐力/密度) および比剛性 (剛性/密度) の大きいことが要求される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうくうきざいりょう【航空機材料 aircraft materials】

航空機は空を飛ぶために極力軽く作る努力が払われる。重ければ,空へ飛び上がれないだけでなく,たとえ飛び上がっても性能は悪くなり,経済性も悪くなってしまうからである。軽ければ,よりよい性能,より高い採算性が得られる。もちろん,電車や自動車,船などでも,軽量化は性能を向上させ採算性をよくするが,その影響は空を飛ぶ航空機のほうがはるかに大きい。したがって,航空機の場合,材料の選定にあたっては,加工性,性質の均一性,耐久性なども考慮されるが,“軽くて強いこと”が最も重視される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

航空機材料の関連キーワード航空機航空路天飛ぶ航空機関士宙を飛ぶ飛ぶ鳥与圧室領空権HTA与圧胴体