コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覆面介入 ふくめんかいにゅうanonymous intervention

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

覆面介入
ふくめんかいにゅう
anonymous intervention

通貨当局が為替市場の安定を図るために介入を行なう際の手法の一つ。介入行為が為替市場参加者へ知られることを最小限に抑えるため,為替ブローカーを通さずに,通貨当局が直接,外国為替銀行と売買を行なおうとするものである。介入行為が為替市場参加者に伝わることにより,為替相場が不安定化するのを防ぐことを目的としている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふくめん‐かいにゅう〔‐カイニフ〕【覆面介入】

中央銀行などの通貨当局が為替介入を行った後、その事実を市場に公表しないこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

FX用語集の解説

覆面介入

中央銀行が為替介入を公表しないで、秘密に行なうことをいいます。正式な用語ではありませんが、マーケット関係者が一般的に使用しているスラング隠語)で、隠密介入という場合もあります。

出典|(株)外為どっとコムFX用語集について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android