烏鵲(読み)ウジャク

大辞林 第三版の解説

うじゃく【烏鵲】

〔「うしゃく」とも〕
カササギ。 「 -の橋の下に紅葉を敷き/謡曲・天鼓」
カラス。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

う‐じゃく【烏鵲】

〘名〙 (「うしゃく」とも)
① カササギの別称。七夕の夜、牽牛(けんぎゅう)星、織女星の一年一度の逢瀬(おうせ)のために、その翼を広げて天の川に橋を渡すという。《季・秋》
※俳諧・源氏鬢鏡(1660)夢浮橋「七夕の夢の浮はしは烏かな〈宗鑑〉」 〔曹操‐短歌行〕
② 古く「烏鴉(うあ)」と混同され、カラスをさした。
※日葡辞書(1603‐04)「Vxacu(ウシャク)。カラス、カラス」
③ カラスとカササギ。〔晉書‐涼後主伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android