コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無垢島 むくしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無垢島
むくしま

大分県南東部,豊後水道の西側,臼杵湾の沖合い約 17kmに浮ぶ2つの島。九州島に近いほうが地無垢島 (じむくしま) ,沖のほうが沖無垢島。津久見市に属する。地無垢島は東西に細長く,最高点 111m。面積 0.29km2。南岸は海食崖で,北側の平地に集落があり,世帯数 33,人口 72 (2000) 。おもに漁業に従事し,畑作も行われる。沖無垢島は地無垢島よりやや大きい (面積 0.48km2) が,平地がないため人は住んでいない。全島ダンチク,メダケにおおわれており,ウミネコの繁殖地としても知られ,日豊海岸国定公園の特別地区。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無垢島
むくしま

大分県東部、楠屋鼻(くすやばな)の北東6キロメートル、豊後(ぶんご)水道に浮かぶ島。津久見(つくみ)市に属し、津久見港から50分、1日1便ある。地無垢(じむく)島(0.29平方キロメートル)と沖無垢島(0.41平方キロメートル)の二島に分かれ、地無垢島に28世帯あり(2009)、アジ、イカなどの一本釣り漁業に従う。水田はなく、段々畑に野菜をつくる。無人島の沖無垢島へは海藻、薪(たきぎ)の共同採取に渡る。保戸(ほと)島出身者が多い。1957年(昭和32)離島振興法による離島振興対策実施地域に指定。1974年海底送電、1977年海底ケーブルが完成。人口69(2009)。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

無垢島の関連キーワードウミネコ津久見海食崖メダケ平地

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無垢島の関連情報