コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼杵湾 うすきわん

4件 の用語解説(臼杵湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臼杵湾
うすきわん

大分県南東部,豊後水道西側のリアス海岸最北部の湾。湾口約 17km,湾入約 13km。湾岸の大部分が臼杵市に属し,半農半漁の小集落が点在。北西部の大分市一尺屋はミカンの特産地。湾奥の臼杵川三角州上に旧城下町臼杵がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うすきわん【臼杵湾】

大分県南東部,豊後水道西岸の最北部にある湾。佐賀関半島地蔵崎(関崎)と臼杵市南部の半島先端との間にあり,湾頭には臼杵川が流れ込み,その三角州に臼杵市街地が発達している。湾内には津久見島,蔦島,黒島,三ッ子島などの島があり,また湾内の小入江には半農半漁の村落が点在している。タイ,ハマチ,アジ,イサキなどの漁獲のほか,近年,ハマチなどの養殖業もすすんできている。【勝目 忍】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕臼杵湾(うすきわん)


大分県南東部、豊後(ぶんご)水道の北西部にある湾。佐賀関(さがのせき)半島の南に湾入する。イワシ・タイ・ブリなどの漁獲があり、真珠・ノリ・ワカメの養殖やタイの餌付(えづ)け漁業が盛ん。湾奥の臼杵港は地方港湾で、愛媛県の八幡浜(やわたはま)港と結ぶフェリー便が発着。沿岸に造船・製紙工場がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臼杵湾
うすきわん

大分県南東部、豊後(ぶんご)水道西側に位置し、リアス式海岸最北部の湾。佐賀関(さがのせき)半島の関崎(せきざき)(地蔵(じぞう)崎)と、楠屋鼻(くすやばな)との間で、湾口は約17キロメートル、南西へ約13キロメートル湾入。佐賀関、上浦(かみうら)、佐志生(さしう)、下ノ江(したのえ)、板知屋(いたちや)、風成(かざなし)、深江(ふかえ)などの漁港があり、イワシ、タイ、ブリ、サワラ、ボラ、イサキ、イカなどの漁獲がある。湾内に蔦(つた)島、三ツ子島、黒島、津久見島などの小島、湾奥に臼杵市街地がある。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

臼杵湾の関連キーワード佐伯湾豊後水道津久見豊後臼杵[市]大分県豊後高田市夷大分県豊後高田市新町鶴見〈町〉大分県豊後高田市見目米水津〈村〉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

臼杵湾の関連情報