コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無遮会 むしゃえ

3件 の用語解説(無遮会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無遮会
むしゃえ

仏教の慈悲の精神に基づき,あらゆる人々に無制限に平等に布施を行う会。インドでは国王,皇帝が施主となって5年に1度行われたもので,アショーカ王に始るという。中国では,大通1 (527) 年に初めて行われ,日本では,推古4 (596) 年に法興寺の落成に際して開かれた

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

むしゃえ【無遮会】

〘仏〙 来集するすべての人に平等に財と法の施しをする大法会。インドのアショーカ王に始まるといわれる。無遮大会だいえ

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の無遮会の言及

【斎会】より

…仏教では,僧尼を集めて斎食(さいじき)(午前中の食事)を供する法会をいう。もともとインドでは,貴賤僧俗を区別せずに斎食を布施して,大きな法会を営むことが多く,これをパンチャ・パリシャドPañca‐pariṣadと称し,中国では無遮会(むしやえ)と訳されていた。梁の武帝が527年(大通1)に行った無遮大会などが有名である。…

※「無遮会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone