コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊毛半島 クマゲハントウ

2件 の用語解説(熊毛半島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くまげ‐はんとう〔‐ハンタウ〕【熊毛半島】

山口県南東部、瀬戸内海に突き出た半島。南端の室津(むろつ)と対岸の長島(上関(かみのせき)町)とは上関大橋で結ばれている。中世以降、室津と上関は内海航路の港町・風待ち港として栄えた。傾斜地はミカンの栽培、沿岸は漁業が盛ん。室津にある四階楼(しかいろう)は明治時代初期の建造物で、国の重要文化財室津半島

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熊毛半島
くまげはんとう

山口県南東部、瀬戸内海へ突出する半島。室津(むろつ)半島ともいう。東側は柳井(やない)市、西側は平生(ひらお)町、南端部は上関(かみのせき)町に属する。平生町佐賀の白鳥(しらとり)古墳は県下最大の前方後円墳で、周辺には遺跡が多い。半島南端の室津は対岸の上関とともに、中世以降内海航路の港町として栄えた。傾斜地はよく開拓され、ミカン園が多い。南端の皇座(おうざ)山(526メートル)は瀬戸内海国立公園の一部で、西瀬戸内海随一の展望台をなす。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone