コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熟れ鮨 ナレズシ

デジタル大辞泉の解説

なれ‐ずし【熟れ×鮨】

塩蔵の魚に飯を合わせ、その自然発酵によって酸味が生じた。飯もともに食べるもの(和歌山県の下鮨(しもずし)など)と、飯は少量使い、主に魚を食べるもの(滋賀県の鮒鮨(ふなずし)など)とがある。腐れ鮨。うれずし。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なれずし【熟れ鮨】

酢を用いず、発酵によって酸味をもたせた鮨すし。塩をふった魚肉と飯を交互に桶に入れて積み重ね、おもしをして発酵させる。琵琶湖の鮒鮨ふなずしが有名。くされ鮨。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

熟れ鮨の関連キーワード慣れる・馴れるふなずし生熟れ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熟れ鮨の関連情報