コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲荷鮨 イナリズシ

デジタル大辞泉の解説

いなり‐ずし【稲×鮨】

煮つけた油揚げの中に鮨飯を詰めたもの。しのだずし。きつねずし。おいなりさん。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

いなりずし【稲荷鮨】

すしの一種。油揚げを甘辛く煮て袋状に開き、すし飯を詰めたもの。すし飯にしいたけ・にんじん・ごぼう・いりごまなどを加えることもある。◇稲荷の神の使いとされるきつねが油揚げを好むとされることから。「しのだずし」ともいう。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

いなりずし【稲荷鮨】

甘く煮た油揚げの中にすし飯を詰めたもの。しのだずし。きつねずし。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

稲荷鮨の関連キーワード御稲荷さん結わえる蕎麦稲荷助六鮨

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android