稲荷鮨(読み)いなりずし

精選版 日本国語大辞典「稲荷鮨」の解説

いなり‐ずし【稲荷鮨】

〘名〙 煮しめた油揚げを袋状に開き、それに酢飯を詰めた食品。近世末頃から流行した。信田(しのだずし)。おいなりさん。きつねずし。いなり。《季・夏》
随筆守貞漫稿(1837‐53)五「天保末年江戸にて油あげ豆腐の一方をさきて〈〉飯を納て鮨として売巡る。〈略〉号て稲荷鮨或は篠田鮨と云」
[補注]「狂歌・近世商賈尽狂歌合」の屋台の絵(→◆図)には、の上に庖丁があり、詞書には「一本が十六文 ヘイヘイヘイありがたひ〈略〉一と切が四もん サアサアあがれあがれ」とある。注文に応じて細長い稲荷鮨を切って売ったのであろう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典「稲荷鮨」の解説

いなりずし【稲荷鮨】

すし一種。油揚げを甘辛く煮て袋状に開き、すし飯を詰めたもの。すし飯にしいたけ・にんじん・ごぼう・いりごまなどを加えることもある。◇稲荷の神の使いとされるきつねが油揚げを好むとされることから。「しのだずし」ともいう。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android