コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄火巻 てっかまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉄火巻
てっかまき

まぐろの刺身を芯にした海苔巻鮨。まぐろは拍子木形に切り,おろしわさびを添える。明治中期に鉄火場 (賭博場) で勝負をしながらの簡易食として多く用いられたところからこの名があるという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てっか‐まき〔テツクワ‐〕【鉄火巻(き)】

マグロの赤身におろしワサビを添えたものを芯(しん)にした、細いのり巻きずし。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

鉄火巻【てっかまき】

マグロの刺身を芯(しん)にしたのり巻鮨(ずし)。マグロは棒状に切り,おろしワサビをそえる。鉄火場(賭博(とばく)場)の簡易食として始まったのにちなむという。
→関連項目すし(鮓/鮨)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の鉄火巻の言及

【すし(鮓∥鮨)】より

… 巻きずしには,ノリ巻,卵巻などがある。関東ではノリ巻が多く,かんぴょうを入れて細く巻くのが基本で,マグロを芯にしたものを鉄火巻,たくあん漬などを用いたものを新香巻,生のキュウリを使ったものをかっぱ巻などという。関西ではノリ巻,卵巻がともに愛好され,芯には卵焼き,シイタケ,かんぴょう,凍豆腐,ミツバその他を取り合わせて用い,太巻にする。…

※「鉄火巻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鉄火巻の関連キーワード細巻き鮨鉄火巻きマグロ巻ずし丼物

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄火巻の関連情報