コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押し鮨 オシズシ

デジタル大辞泉の解説

おし‐ずし【押し×鮨】

押し枠の中に鮨飯を詰め、その上に具をのせて押してつくる。何段にも重ねたもの、1日~数日寝かせたものもある。熟(な)れ鮨のように枠を使わず、重石(おもし)などで圧力をかけるものを含めていうこともある。箱鮨大阪鮨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

おしずし【押し鮨】

方形の枠(わく)の中にすし飯を詰め、その上に魚などのたねをのせ、ふたの上から重しをして作るすし。◇「箱ずし」ともいう。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

おしずし【押し鮨】

箱にすし飯を詰め、その上に魚肉などを並べ、押し蓋ぶたでしっかり押した関西風のすし。大阪ずしがその代表的なもの。はこずし。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

押し鮨の関連キーワードカンカンずし押し箱・押箱鮨・鮓・寿司ほったらずし鮨切り包丁ぶりってら皿鉢料理石切ずしバッテラ白板昆布大阪ずし魚肉方形飯鮨鯖鮨押箱散鮨杮鮨棒鮨

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android