コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姿鮨 スガタズシ

デジタル大辞泉の解説

すがた‐ずし【姿×鮨】

魚の姿を崩さないように作った鮨。鮎(あゆ)・小鯛(こだい)などの骨と内臓だけを取り除いて酢(す)で締め、鮨飯の上にのせて作る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

すがたずし【姿鮨】

頭をつけたまま魚を開き、骨・内臓を除いて酢で締め、すし飯を詰めてもとのような形に作ったすし。あゆ・さば・さんまなどを用いる。頭を落として同様に作ったものを含めることもある。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

すがたずし【姿鮨】

あゆなどの魚の、骨と内臓を除いてもとの姿のままにつくったすし。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone