コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩蔵/醃蔵 エンゾウ

デジタル大辞泉の解説

えん‐ぞう〔‐ザウ〕【塩蔵/×醃蔵】

[名](スル)塩に漬けて長く保存すること。また、そのもの。塩漬け

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

塩蔵【えんぞう】

食品の保存法の一つ。水産物や肉・野菜などに用いられる塩による貯蔵法。日本では1000年以上も前から魚介類の保存法として行われ,塩を直接原料にまぶして積み重ねるまき塩法,原料を塩水につける立塩法,および両者の併用がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

塩蔵

 食品食塩を加えて貯蔵する方法.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんぞう【塩蔵】

食品の保存法の一つで,魚介類,畜肉,野菜などの腐敗しやすい食品を食塩によって保存することをいう。古くは前16~前15世紀ころからフェニキア人,ギリシア人によって行われており,日本においても1000年以上も前から魚介類の保存法として行われていた。塩蔵法には,食塩を直接食品にふりかける〈まき塩法〉と,食品を食塩水の中に浸漬しんし)する〈立塩法〉とがある。前者は食塩の量が少なくてすみ,脱水作用が早くおこるなどの長所があるが,塩濃度が不均一になりやすく,油脂を含んだ食品では酸化による変質を受けやすい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

塩蔵/醃蔵の関連キーワードすじこ(筋子)サケ・マス母船小豆島オリーブアンチョビー荒巻(新巻)キュアリング鮎の馴れ鮓チョウザメ急速塩蔵法コンビーフ真崎わかめめんたい子練り雲丹荒巻サケ原魚換算塩クラゲ水産加工塩数の子キャビア塩引き

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android