コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済要録 けいざいようろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経済要録
けいざいようろく

佐藤信淵著。 15巻。文政 10 (1827) 年成立。江戸時代後期の経世書で,物産の開発と経済の振興を説き,集大成的な意味をもつ大作。『岩波文庫』『日本経済大典』『佐藤信淵家学全集』に所収。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けいざいようろく〔ケイザイエウロク〕【経済要録】

江戸後期の経済書。15巻。佐藤信淵(のぶひろ)著。文政10年(1827)成立。安政6年(1859)刊。総論・創業篇・開物篇・富国篇の4篇からなり、産業を興し、国を富ませて、人民を救済することを説いたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいざいようろく【経済要録】

江戸時代の経世書。一五巻。佐藤信淵のぶひろ著。1827年成立、59年刊。産業を興し交易を盛んにすることによる経世済民を説く。江戸期の国内諸産業の状況をも詳述。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経済要録
けいざいようろく

佐藤信淵(のぶひろ)が1827年(文政10)に著した経済書。総論、創業篇(へん)、開物篇、富国篇の4篇全15巻よりなる。中央集権的政府が中心となり、国土を開発し、諸産業をおこし、秩序ある交易を振興し、国を富し、もって国民生活の安定を計るべきことを説いている。信淵の主著であると同時に、近世の経世論としてもっとも体系化されたものの一つで、平田国学や洋学の影響も著しい。「岩波文庫」(滝本誠一校訂)、『日本経済大典』第18巻などに収録。[島崎隆夫]
『滝本誠一編『佐藤信淵家学全集』全3巻(1925~27・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

経済要録の関連キーワード佐藤信淵・佐藤信渕経世済民経済要略越後上布浅草紙泉藩詳述

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android