経済要録(読み)けいざいようろく

  • けいざいようろく ‥エウロク
  • けいざいようろく〔ケイザイエウロク〕

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐藤信淵(のぶひろ)が1827年(文政10)に著した経済書。総論、創業篇(へん)、開物篇、富国篇の4篇全15巻よりなる。中央集権的政府が中心となり、国土を開発し、諸産業をおこし、秩序ある交易を振興し、国を富し、もって国民生活の安定を計るべきことを説いている。信淵の主著であると同時に、近世の経世論としてもっとも体系化されたものの一つで、平田国学や洋学の影響も著しい。「岩波文庫」(滝本誠一校訂)、『日本経済大典』第18巻などに収録。

[島崎隆夫]

『滝本誠一編『佐藤信淵家学全集』全3巻(1925~27・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

江戸後期の経済書。一五巻。佐藤信淵著。文政一〇年(一八二七)成立。死後の安政六年(一八五九)刊。鉱業、作物の栽培、漁業、畜産、狩猟、各種の産地、採集技術などを論じたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

江戸後期,佐藤信淵 (のぶひろ) の経世書
1827年刊。15巻。絶対主義的な統一国家のもとで,官営商業・資源開発・海外進出をめざす重商主義的政策を主張した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android