コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済要録 けいざいようろく

4件 の用語解説(経済要録の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経済要録
けいざいようろく

佐藤信淵著。 15巻。文政 10 (1827) 年成立。江戸時代後期の経世書で,物産の開発と経済の振興を説き,集大成的な意味をもつ大作。『岩波文庫』『日本経済大典』『佐藤信淵家学全集』に所収。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けいざいようろく〔ケイザイエウロク〕【経済要録】

江戸後期の経済書。15巻。佐藤信淵(のぶひろ)著。文政10年(1827)成立。安政6年(1859)刊。総論・創業篇・開物篇・富国篇の4篇からなり、産業を興し、国を富ませて、人民を救済することを説いたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けいざいようろく【経済要録】

江戸時代の経世書。一五巻。佐藤信淵のぶひろ著。1827年成立、59年刊。産業を興し交易を盛んにすることによる経世済民を説く。江戸期の国内諸産業の状況をも詳述。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経済要録
けいざいようろく

佐藤信淵(のぶひろ)が1827年(文政10)に著した経済書。総論、創業篇(へん)、開物篇、富国篇の4篇全15巻よりなる。中央集権的政府が中心となり、国土を開発し、諸産業をおこし、秩序ある交易を振興し、国を富し、もって国民生活の安定を計るべきことを説いている。信淵の主著であると同時に、近世の経世論としてもっとも体系化されたものの一つで、平田国学や洋学の影響も著しい。「岩波文庫」(滝本誠一校訂)、『日本経済大典』第18巻などに収録。[島崎隆夫]
『滝本誠一編『佐藤信淵家学全集』全3巻(1925~27・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経済要録の関連キーワード江戸払男髷在府宿預け江戸棚江戸詰め江戸味噌小江戸江戸野菜江戸時代の朝鮮通信使

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone