コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱気球 ねつききゅうhot-air balloon

翻訳|hot-air balloon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱気球
ねつききゅう
hot-air balloon

浮力を得るための気体として,熱した大気を利用する気球。 1783年フランスのモンゴルフィエ兄弟が巨大なの下で焚き火を焚いて最初に成功した。これが人類初の飛行となったが,水素ガス気球やヘリウムガス気球の普及で,まもなくすたれた。しかし近年再びレジャーやスポーツ用に見直され,世界各地で飛んでいる。スポーツ用の熱気球はプロパンガスを燃料としてバーナで燃焼させ,熱い空気を下からキャノピーに送って静浮力を得る。降下はキャノピー上部のバルブを開いて熱空気を外に放出する。こうした熱気球は上昇,降下の操縦性に優れ,上空の風の流れが高度によって異なっていることを利用して目的地への飛行が可能であり,競技会なども盛んである。 (→気球競技 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

熱気球【ねつききゅう】

プロパンガスの燃焼装置をもち,高度調節や長距離飛行が可能な気球。英語ではhot-air-balloon。熱した空気を容器に入れて飛ばすことは古くから行われていたが,1783年パリのモンゴルフィエ兄弟によって人類最初の熱気球による浮揚飛行が達成された。
→関連項目航空

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ねつききゅう【熱気球】

袋にバスケットをつり下げ、プロパン-ガスなどを燃料とするガス-バーナーで袋の中の空気を熱して軽い気体を作り浮揚する気球。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱気球
ねつききゅう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の熱気球の言及

【気球】より

…軽気球ということもあり,また風に自由に流されることから風船とも呼ばれる。空気より軽い水素ガスやヘリウムガスを袋(気囊という)に詰めて浮かぶガス気球と,気囊内の空気をバーナーなどで熱して軽くして浮かぶ熱気球hot‐air‐balloonがある。流体中(気球の場合は空気)では,物体はその体積と同体積の流体の重さに等しい浮力を受ける。…

※「熱気球」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

熱気球の関連キーワードシャルル(Jacques佐賀インターナショナルバルーンフェスタと世界選手権佐賀インターナショナルバルーンフェスタマイルズ ヒルトン・バーバーマージョリー プライスマンモンゴルフィエ(兄弟)熱気球ホンダグランプリ阿蘇ネイチャーランド北海道河東郡上士幌町ベルトラン ピカールフェテデネージュインフレーターモンゴルフィエ那須千本松牧場スカイレジャーバルーニングスポーツ航空本田 宗一郎バスケットタウンジー

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱気球の関連情報