コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もさ モサ

デジタル大辞泉の解説

もさ[名]

《言葉の終わりに「もさ」と付けるところから》関東人をあざけっていう語。転じて、いなかもの。
「やい―め、この女郎こっちへもらふ」〈浄・油地獄

もさ[間助]

[間助]《「申さん」の音変化か。近世の関東語》文末にあって親愛の気持ちを表す。
「霞む祇園の恋しいぞ―」〈奴俳諧

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もさ

( 名 )
〔言葉の終わりに「もさ」と付けたことから〕 関東者を卑しめていう語。また、転じて田舎者のこと。 「やい-め、此の女郎こつちへ貰ふ/浄瑠璃・油地獄
( 間投助 )
〔「申さん」の転という。近世東国語〕 文節末にあって、親愛の気持ちをこめて言い表す。 「こりや、おいとさん、早くおざんねえか。徒然とぜんだ-/洒落本・世説新語茶」 〔江戸では、奴詞やつこことばとしても用いられた。「霞祇遠のこひしいぞ-、ぬるつこき清水あびて神祈り/奴俳諧」〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

もさの関連キーワード讃談・讃歎・讚談・讚歎ケーペニックの大尉コスミンスキーあいだてない三田村篤志郎太陽のない街千里も一里然もそうず全国大衆党もさ言葉然る程に藤原実遠金井沢碑訳が無いおぽっぽ追ひ出す癪を言う訳知らず千軍万馬もさもさ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

もさの関連情報