爛柯(読み)らんか

故事成語を知る辞典「爛柯」の解説

爛柯

囲碁別称。また、囲にふけって時が経つのを忘れること。また、時を忘れて遊びに夢中になること。

[由来] 「述異記―上」に載っている物語から。三~四世紀ごろ、しん王朝の時代の中国でのこと。あるとき、あるきこりが洞窟の中で、子どもたちが集まって、碁を打ちながら歌をうたっているのを見つけました。きこりがその歌に聴き入っていると、子どもたちはナツメの種のようなものをくれました。それを食べた後は、飢えをまったく感じません。しばらくたって、ふと「おのれば、らんじんす(手に持った斧の柄を見てみると、腐ってぼろぼろになっていた)」。びっくりして自分の村に戻ってみると、何十年かが過ぎ去っていて、知り合いはすべて亡くなっていたということです。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「爛柯」の解説

らん‐か【爛柯】

〘名〙 (の時、王質というきこりが森で童子に会い、童子たちの碁を打つのを見て時を忘れ、気がついてみるとそばに置いた斧の柄はくさり、帰ってみれば当時の人は誰もいなかったという「述異記」、「水経注‐漸水」に見える故事から、斧の柄がくさることの意で) 囲碁の別称。また、囲碁にふけって、時のたつのを忘れること。転じて、遊びに時を忘れて夢中になること。
※江吏部集(1010‐11頃)上・九月尽日於秘芸閣同賦秋唯残一日詩「爛柯不識残陽景、後葉空逢七袠霜」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「爛柯」の解説

らん‐か【××柯】

《晋の時代、王質という木こりが森の中で童子らの打つ碁を見ているうちに、斧の柯(え)が爛(くさ)ってしまうほどの時がたっていたという、「述異記」にみえる故事から》囲碁の別称。また、囲碁に夢中になって時のたつのを忘れること。転じて、遊びに夢中になって時のたつのを忘れること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android