(読み)ラン

精選版 日本国語大辞典の解説

ただら・す【爛】

〘他サ四〙 =ただらかす(爛━)
源氏(1001‐14頃)若菜下「へぬ喜びの涙、ともすれば落ちつつ目をさへのごひただらして」

ただ・る【爛】

〘自ラ下二〙 ⇒ただれる(爛)

ただれ【爛】

〘名〙 (動詞「ただれる(爛)」の連用形の名詞化) ただれること。ただれたありさま。また、ただれた所。
※随筆・嬉遊笑覧(1830)六下「俗に目くされ生姜とて、此市には目のただれなどしたる者の售るを求む」

ただ・れる【爛】

〘自ラ下一〙 ただ・る 〘自ラ下二〙 皮膚や肉がやぶれくずれる。腐ってくずれる。腐爛する。比喩的に、精神などが健全さを失うことにもいう。
書紀(720)崇峻即位前(図書寮本訓)「餌香の川原に斬られたる人有り〈略〉頭身(むくろ)既に爛(タタレ)て」
邪宗門(1909)〈北原白秋〉朱の伴奏・納曾利「鋭にわかく、はた、苦く狂ひただるる楽の色」
[補注]「享和本新撰字鏡」に「鯘 魚乃曾己禰太々礼留」とあるが、下一段と見られる語形であって中古の記載としては疑問である。

らん【爛】

〘形動タリ〙 ひかりかがやくさま。あざやかなさま。爛然。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「華榻を列し、華燈を鈎下し、爛として目を射る」 〔詩経‐鄭風・女曰雞鳴〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

爛の関連情報